横浜のエクステリアブログ

2019年01月22日 [エクステリア 横浜]

エクステリアの種類

家本体以外の敷地内の工事をエクステリア工事と呼び、主に門や塀、車庫、アプローチなどになりますが、水道やガスを引き込むための工事も含みます。
エクステリアをどうするかで、家のイメージは大きく異なるため、家との一体感をしっかり考えて施工することが重要です。
エクステリアは大きく分けると、オープン外構、クローズ外構、セミオープン外構に分けられます。
オープン外構とは、その名の通りに外部から見て閉鎖感を与えない、道路に向かって庭やアプローチが開かれているもので、見通しが良いことから空き巣にも入られにくく、自慢の庭を多くの方に見てもらえるメリットもあります。
これに対してクローズ外構は、外部から視線を塞いでしまう造りになっていて、プライバシーを守りたい方や、小さなお子さんの道路への飛び出しを防ぐことができます。
セミオープン外構は、その両方をミックスしたもので、それぞれのメリットを取り入れることができます。
外構をあまりにも閉鎖的にしてしまうと、将来車が増えた場合や車いすになった場合などに、改装にかなりの費用がかかってしまうことになるため、将来設計もしっかり行い、理想的なエクステリアに仕上げることをおすすめします。
横浜は良くお洒落な街と言われますが、それはエクステリアに凝った家が多いからで、参考になるお宅もたくさんあるので、これから家を建てる方は是非参考にしてみてはいかがでしょう。

素敵なエクステリアの完成にワクワクしています!


家を建てる時には、広い庭を造りたいと前から思っていて、この度家ともマッチした素敵なエクステリアに仕上げてくれる業者が見つかり、先日図面を見させてもらって感激しました。
住宅ローンの審査にも通り、今から家と素敵なエクステリアが完成するのを楽しみにしています。
たくさん値引きもしてもらえて、どうもありがとうござました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る